宅配クリーニングでのトラブル

便利で利用しやすくなったクリーニングが、宅配クリーニングです。でも、宅配クリーニングだからこそ起こる可能性があるトラブルもあります。宅配クリーニングで起こりやすいトラブルや対処法をご紹介します。

 

宅配クリーニングについて

宅配クリーニングは、別名ネット宅配型クリーニングとも呼ばれています。インターネットを経由して、申し込みをすると宅配業者が自宅に衣類を取りにきてくれます。そしてクリーニング工場へ運び、出来上がったものをまた宅配業者が届けてくれる、というものです。時間も問いませんし、クリーニング店に依頼するよりも楽で簡単、といったイメージがあります。

 

顔が見えないからこそ起こるトラブル

インターネットを経由するので、いつでもどこでも気軽に申し込める、住んでいる地域も問わず、全国どこからでも依頼が可能といった特徴はありますが、この特徴こそトラブルを起こしやすくしている原因です。今まではクリーニング店へ直接持っていく、もしくはクリーニング店の人が自宅まで直接取りに来てくれるというようなスタイルでした。でも、インターネットを使って受け私は宅配業者にするだけ、となると、顔が見えないで取引をすることになりますよね。
顔が見えない=衣類の相談もできない、ということです。メールや電話などもありますが、実際にお互いが衣類を目の前にして話ができないと、伝わらないこともたくさんあります。細かなシミのこととか、破れが起きやすくなっていないかとか…そういう点を確認できないのです。
宅配クリーニングは便利な反面、こういった問題も発生する可能性がある、ということを頭に入れて利用しましょう。

 

信頼できる宅配クリーニング業者を探そう

宅配クリーニングが人気となっている今、しっかりと対応してくれる業者もあれば、適当な対応しかしてくれない業者もあります。紛失されて問い合わせをすると、対応が悪くてなかなか賠償もしてもらえないとか…泣き寝入りするしかないの?と悩まされる利用者もいます。直接お店に持ち込んでトラブルの説明もできないので、円滑な連絡が取れないままで時間ばかりが経過してしまうと、依頼した側も面倒で諦めたくなってくるものです。そうした人間の心理を使って、不都合は切り抜けようとする業者があるのも事実です。
トラブルは起きないのが理想ですが、もしも起きてしまった場合、きちんと最後まで誠意をもって対応してくれる業者を探さなくてはいけません。