クリーニング店の不具合が原因のトラブル

クリーニングのトラブルはどこに責任があるのか、というのをはっきりさせるのが難しいですが、クリーニング店・クリーニング業者が原因のトラブルももちろんあります。どんなトラブルが起こりやすいかをご紹介します。

 

依頼した衣類がなくなってしまった

衣類の紛失は、クリーニングでよく起こるトラブルであり、明らかにクリーニング店・クリーニング業者が原因のトラブルです。たくさんある依頼を引き受けて、そしてすべての衣類を同じように扱います。クリーニング工場が大きければ大きいほど、紛失の可能性は高まってしまいます。
もちろんどこのクリーニング工場でも紛失はよくあること、というわけではありません。本来なら紛失しないようにお客様の元まで届けるのがクリーニングです。しかし、管理行き届いていない時には、紛失する可能性もある、と知っておきましょう。
違う店舗に運ばれてしまったとか、タックという整理番号のようなものをつけるはずが、取り付けられないまま工場に運ばれてしまった…などいろいろなケースがあります。お店で元々違うタックを取り付けてしまうとか、無事店舗についても、違うお客様に渡してしまう、といった可能性も考えなくてはいけません。

 

ポケットの中身をそのまま洗ってしまった

ポケットの中身って、あまり確認しないことが多いですよね。入れたつもりはなくても、何か入っている可能性があります。よくあるのが、ボールペンやティッシュですね。ティッシュは洗っている間に溶けて衣類に細かく付着します。またボールペンが問題で、インクが爆発して衣類に付着してしまいます。インクは落ちにくい染料なので、その時洗っていたすべての衣類についてしまえば、その衣類すべてをクリーニング業者側は責任を持って賠償する必要があります。
ポケットに何か残っていないかは、依頼する前に自分で確認しておきたいですね。

 

色落ちや色移りが発生してしまった

色落ちや色移りは、クリーニング店・クリーニング業者が原因ではないトラブルもあります。元々染料が落ちやすい素材を使っていた製造元の不具合とか、着用している間に色が落ちやすくなっていた、という依頼する側が原因になる場合もあります。
クリーニング店・クリーニング業者側が原因になるのは、使っている洗剤や洗い方によって起きてしまった色落ちや色移りです。ただし、起きてしまった色落ちや色移りが、どの段階で起きていて、誰の責任なのかを知るのは難しいです。そのため、多くの場合はクリーニング店・クリーニング業者が賠償することになるでしょう。