クリーニングのトラブルと対処

家庭では洗えないような衣類を、キレイにしてもらうことが目的で依頼するのがクリーニングです。しかし、クリーニングに出したことで今まで大事にしてきた衣類がダメージを受けてしまった…なんて悲しいですよね。本来あってはいけないことです。では、クリーニングを依頼して考えられるトラブルは何があるか、その対処法と合わせてご紹介します。

 

シミができてしまった

クリーニングから戻ってきた衣類に、覚えがないシミができている…という場合があります。これは、クリーニング店での薬剤による変色や、他の衣類と一緒に洗った際に付着した可能性があります。シミ抜きをお願いして、戻ってきたら周りの色と差が出来てしまった、というトラブルもあります。

 

折り目がついてしまった、なくなってしまった

今までついていなかった部分に折り目がついている、というのはアイロンがけの際に何かミスがあった可能性が高いです。自宅でアイロンをかけなおせば戻るかもしれませんが、自分でアイロンをかけて生地を傷めてしまうよりも、一度相談したほうがいいですね。
センタープレスやプリーツの入っている衣類は、クリーニングから戻ってきた際に折り目がなくなってしまう可能性があります。もちろん折り目は永久に落ちないわけではないですが、クリーニング前はきちんと折り目がついていたのに、戻ってきた際に折り目がなくなっていた…というのは、クリーニング店の洗い方やアイロンに問題がある、と言えるでしょう。

 

装飾品が外れてしまった

よく起こるのが、ボタンがはずれていた、というような装飾品の外れ・紛失です。元々取れやすくなっている装飾品はないかどうか、確認してから依頼するべきですが、しっかりついていたはずの装飾品が、クリーニングされることによって外れてしまうかもしれません。

 

トラブルへの対処法

クリーニングから戻ってきた衣類に何か問題があれば、まずは依頼したクリーニング店・クリーニング業者へ相談してみましょう。ほとんどのお店や業者は、対応してくれます。クリーニングをやり直して解決する問題であれば、もう一度クリーニングしてもらいましょう。この際は無料で対応してくれると思います。もしもクリーニングをやり直すだけでは解決しない問題であれば、クリーニング事故賠償基準というものが設けられているので、それに従って賠償に関する話をすることになります。
クリーニング業者側に原因があるかどうか、それを明確にするのも大変です。ちゃんとクリーニングトラブルについて知識をつけて、もしもの時に備えましょう。